フランチェスコ・メーリ リサイタル

イタリアのテノール、フランチェスコ・メーリFrancesco Meliのリサイタルを聴きに行ってきた。(6月27日、紀尾井ホール)
日本では2009,2011,2015年にリサイタルをしており、今回が4度目。僕は2011年2月ぶりに彼の演奏を聴くことが出来た。

今回は大きなプログラムとして、ブリテンの《ミケランジェロの7つのソネット》を持ってきて、同じくイタリアのピアニスト、ルーカ・ゴルラLuca Gorlaと、イタリアのピアノメーカー、ファツィオリも加わり、よりイタリア色の強い舞台上だった。

プログラムは以下の通り。

ブリテン:〈ミケランジェロの7つのソネット〉より
“あたかもペンとインクで記したように”op.22-1
“お前の美しい眼によってやさしい光を見る”op.22-3
“美しい魂よ”op.22-7
B.Britten : 7 Sonnets of Michelangelo
“Si come nella penna e nell’inchiostro”
“Veggio co’bei vostri occhi un dolce lume”
“Spirto ben nato”

レスピーギ:霧 / 雨 / 雪
O.Respighi : Nebbie / Pioggia / Nevicata
プッチーニ:すてきな夢 / 進め、ウラニア!
G.Puccini : Sogno d’or / Avanti, Urania!
トスティ:子守唄 / 理想 / 最後の歌
F.P.Tosti : Ninna nanna / Ideale / L’ultima canzone
ヴェルディ:《イル・トロヴァトーレ》より”ああ、いとしいわが恋人よ”
G.Verdi : «Il trovatore» “Ah si, ben mio”
チレーア:《アドリアーナ・ルクヴルール》より”君の優しく微笑む姿に”
F.Cilèa : «Adriana Lecouvreur» “La dolcissima effigie”
ヴェルディ:《シモン・ボッカネグラ》より”何たることだ!アメーリアがここに!”
G.Verdi : «Simon Boccanegra» “o inferno! Amelia qui!”

東京プロムジカHP参照

イタリアを拠点に活動する友人からピアニストが素晴らしい、と聞いていたのでそれも大きな楽しみの一つだった。
その演奏は、とても抽象的な表現だけれど、ピアノがまるでイタリア語を喋ってる様で、明るく、多彩で、瑞々しい音楽を奏でていて、特にレスピーギのお天気三部作(僕はこう呼んでいる。。。)は、胸が熱くなり、音をしっかりと抱きしめたくなった。
学生の頃はオペラは好きだったけれど、もっぱらイタリアの歌曲を良く歌っていて、今本棚にある楽譜を眺めても、誰もが知っている曲でもないのによく勉強していたなぁと感心する。来日するイタリア人歌手にもっとイタリアの歌曲、とりわけ近代以降のものをたくさん歌って欲しいと思っているのはきっと僕だけではないだろうな、と想像する。

もちろん主役のメーリも素晴らしく、とても真摯な演奏を聴かせてくれた。声の響きの高さには本当に驚くばかりで、先日聴いたサイミール・ピルグともまた違うイタリア人特有の輝かしさが、やはりあぁこれを求めていたんだ、と再確認した。最近の僕の仕事は、ドイツ人によるドイツ語作品の素晴らしさに触れることが多かったために、滴がしたたり落ちるほどの“純”イタリアの声は久し振りだった。
終演後、友人のツテで楽屋に案内してもらい、ちゃっかり写真を撮ってもらった。

今回歌ったブリテンや、前回(2011年)不満だったリストの《ペトラルカの三つのソネット》も収録されているCDも購入し、これは後からゆっくり聴きたいと思う。

イタリア歌曲のコンサートの前にとても良い「聴く」勉強ができ、またさらに歌いこまなければ!と気合が入ります。

ノヴァンタノーヴェ演奏会のチケットもまだまだ受け付けておりますので、ぜひご用命くださいませ。

eiichiro
テノール歌手の宮本英一郎です。 演奏活動を通して、たくさんのことを皆様と共感出来たらと思っております。 演奏会のご依頼等ありましたらコメントからご連絡くださいませ。メール環境が整いましたら移行いたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください