12月

今年の12月3日はアドベント、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間、待降節の始まりだそうです。僕はクリスチャンではないので述べることはとてもくだらないことですが、お菓子の入ったアドベントカレンダーの空白を見ることは静かで幸せの景色です。

東京で生活をしていると、11月に酉の市が何日かあって、そこで熊手を買ったりすれば、良いお年を、というのがこの場での挨拶となる。朱の色、差し色の緑もやはり僕には幸せの光景です。

挨拶を交わす、季節を祝う、慎ましやに(賑やかにでもいいけどさ)幸せを分かち合う。
しかし世界は、それが当たり前のことではないことを見せつける。せめてひと時だけでも、そのせめてが1日でも長く続かないのだろうか。

僕の12月は、マーラーの一千人の交響曲で終わります。とてつもなく大きなスケールの曲を前に驚くばかりです。

https://www.nhkso.or.jp/concert/202312A.html?pdate=20231216

(リンクがうまく貼れなかったので↑から)

今年は《第九》を歌わないので、年の瀬を早く感じるでしょうか。

今を大事に過ごしましょう。

セイジ・オザワ・松本フェスティバル

久しぶりのブログです。何から書いたいいのかわからないくらい久しぶりですが、直近の活動として8/25,27にセイジ・オザワ・松本フェスティバル(OMF)のオーケストラコンサートAプログラムに参加しました。

公演日まではまだ暑くて、もうどこでも暑さの影響は避けらないのでしょうか。最後の公演が終わった夜は、晩夏を思わせる風が街角を曲がっていったように見えました。

今回のプログラムは前半にはオーケストラのみでバーンスタインのウェストサイドストーリーよりシンフォニックダンス、杉山康人さんのソロでジョン・ウィリアムスのチューバ協奏曲。そして声が入るのは後半、イザベル・レナードさんのソプラノ・ソロを歌ったプーランクのスターバト・マーテルとラヴェルのダフニスとクロエ第二組曲でした。指揮は全てステファン・ドゥネーヴさん。

今回の合唱は、東京オペラシンガーズと、オーディションで選抜された地元OMF合唱団との合同でした。顔を合わせてから本番まではあっという間というのもあって、アンサンブルはどうだったでしょうか。こういう思いはやっぱりいつでも後に残るものだと思います。良い演奏として受け入れてくださったなら嬉しいです。

ダフニスとクロエはオーケストラのみでも演奏されるそうですが、総監督である小澤さんの強い希望で、元々の歌がある形での演奏になったのはとても良かった。僕は歌の入った形でしかもちろん演奏したことはないけれど、そうでないのは同じ曲とは思えないですものね。

OMF facebookより

オーケストラはフェスティバルの名前がOMFに変わっても、もちろんサイトウキネンオーケストラ(SKO)で、コンサートであっても、オペラであっても、このオーケストラを形容する言葉には未だに出会ったことがありません。
今回、僕は久し振りに舞台上でその音を体感して、特にダフニスとクロエでは、フルートはフルートでなく、ヴァイオリンはヴァイオリンでなく、流れる水の音、木々を抜ける風、鳥たちの囀り、ダフニスとクロエの肌を照らす光、若者たちの熱狂の足音。情景の、沸き立つ感情の、鼓動の波打つひとつに感じて、自分がどこにいるのか、目の前のきらめきく音に浮遊して溶けてしまうのではないか。

もうひとつ不思議なものが心に残った。それは特に二日目で、この素晴らしいオーケストラが見ているものが何なのか。もちろん指揮台に立つのはマエストロ・ドゥネーヴなのですが、音のうねりや拍を感じる呼吸、巻き上げる音のしぶきの中に僕には小澤さんが指揮をしている姿が見えてきて仕方なかった。それは僕の勝手な願望なのでした。

https://x.com/ozawa_festival/status/1695749190276755872?s=61&t=dGtcdLz0kcbUv6V84W8y-Q

*カーテンコールの様子です。クリックして外部サイトへ。

幕間劇豊かに

この週末、5月21日(土)にある、《ラ・ペッレグリーナ》のインテルメーディオの稽古が大詰めを迎えています。2年前の年末に、モンテヴェルディの《聖母マリアの夕べの祈り》の収録で初めて参加した、エクスノーヴォプリンチピ・ヴェネツィアーニの皆様と一緒に演奏します。

イタリア語の原題は、gli intermedi de La Pellegrina per le nozze di Ferdinando de’Medici e di Christiane Lorena

gli intermedi とは幕間劇を意味するintermedioの複数形で、ひとつの劇のそれぞれの幕間に演奏された曲のことです。当時、最高の芸術で、娯楽である演劇の余興として楽しまれていましたが、やがて演劇の人気を凌ぐ人気となり、物語を持ち多彩な音楽を取り込み、現在のオペラの型へと繋がっていくのです。

今回のインテルメディオについてEXNOVOのサイトで”ノボくん”が答えているので読んでいただければと思います。

ノボくんが答える《ラ・ペッレグリーナ》のインテルメディオF&A

先日、Twitterのスペースで行われた斉藤基史氏のEXNOVO福島康晴氏へのインタヴューはとても興味深かったです。斉藤さんのトップ画面から再生できます。

僕がイタリアを訪れたのは、もう随分前で、Firenzeの街を歩いたのは20年も前になる。(この月日に自分でも驚きを隠せない。。。)

1589年の春に執り行われたトスカーナ大公とフランス王の孫娘との婚姻の祝典の中で催された喜劇《ラ・ペッレグリーナ》とその幕間音楽があったピッティ宮Piazza Pittiから溢れた喜び、賑わいが、あの街の中にあったのか、と僕の昔々の記憶とひとつの線上に置いてみる。

壮大な神話の世界を再現した舞台、舞台装置、衣装の製作する為だけでもFirenzeにひしめいていただろう工房は大忙しだったに違いない。祝いの品や、装飾の為、それに従事する人達の為の物売り、かつての、華やいだ、煌びやかなメディチ家の時代を街から掘り起こしていたでしょう。

ルネッサンスの事を書いた本などは読んでいましたが、今こうやって当時書かれた音楽に奉仕していると、音の中にいろんな景色が見えてくるようです。歌だけでは靄がかかったようでしたが、lira da braccio,lirone,viola da gamba,cornetto…様々な楽器が入ると色彩豊かなものとなります。

バッハやヘンデルもいいですけど,イタリアの音楽が描くその景色は本当に特別ですよ。訪れた人、憧れる人はその気持ちは分かっていただけると思います。そういう音楽に関わることができて、今とても幸せです。

ぜひお裾分けしたいのでご来場お待ちしています。

新神戸での公演もあります

Calendimaggio

プッチーニのオペラ、ジャンニ・スキッキGianni Schicchi(1918)の中で、結婚を誓い合うラウレッタとリヌッチョは、お互いの家族の諍いで結婚できない自分達の境遇を嘆く。
Non ci sposeremo per il Calendimaggio!!
(カレンディマッジョに結婚できない!)

Calendimaggioとは、月の初めcalendaeと5月を意味するmaggioが示す通り、5月になると春の到来をお祝いします。今も有名なのはアッシジかな?オペラの舞台のフィレンツェ(トスカーナ)周辺でも大きな祭りがあったようで、現代ではフィレンツェ五月音楽祭は街のシンボルでしょう。
5月の特別な華やかさは、その季節を見たことがない僕にとっても特別に思える程、ヨーロッパのどこの国、どの時代でも様々な文化で窺い知れる。

僕の見た、今年のCalendimaggio、つまり5月の初めは美しかった。

東京の高尾にある霊園まで自転車で行ってきました。そこに至るまでの街路樹も遠くに見える山々も新緑で彩られ、高尾から霊園までの林を抜ける道ですら、明るく、透明度の高い緑の光と、山吹や菜の花の黄色が眩しい。

シャンソン歌手の髙木椋太さんが亡くなって、三回忌を迎えた。COVID-19 に倒れたことを数日経って知った。この頃、この病気で亡くなった人達は世界共通で、友人達も、いや家族でさえも集うことができず、2年経った今でもその人達の影をどこかで見てしまうのではないかしら。会えなくなった人には、いつでも同じような気持ちになるのだけれど、寂しさが野晒しにされたようでね。いけないのです。

一時期流れた誰かの歌で、「そこに私はいません」と聞きますが、そうとは分かっていても、既に誰か参った後の、色とりどりの花に飾られた墓の前に立つ。
墓石を洗った水が見せる風、豊満な緑色の香り、朗らかな鶯たちの歌。まだ残る菫の紫をよけて踏む、音のない足どり。

僕の特別な5月は、それは永遠でしょう。
誰もが讃えたように、こんなにも美しいのだから。

新春コンサート終演!

桐生市でのコンサートを終えました。13日のコンサートは、本来なら2月19日(土)にあるはずだったのが、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置による時勢を鑑みて延期になったのでした。
というのも、桐生市で活動されている合唱団とオペラ歌手との交流というコンサートを支える大きな柱が、その当時は支えられないであろうという事でした。コンサートをする為にやはり集まって練習をしなくてはならないし、ソリストとして招かれている僕達も”移動”が”安全”かどうか、当時(わずか二カ月前ですけれど)は判断が難しかったです。企画、運営をされた深津素子さんの判断は的確で、コンサートの延期に始まるスケジュール設定など大変なご苦労があったと思います。

前置きが長くなりましたが、ここは大事なところでしたので、はい。
困難を乗り越えてたどり着いたこの日を与えてくれたことに感謝です。

美喜仁桐生文化会館。大小ホールを備えた充実の施設です。
当初、小ホールでの公演でしたが、大ホールに変更!これはうれしい変更!

前半のプログラムはソリストたちと合唱団で《美しく青きドナウ》を歌い開幕。
オペラやクラシックの名曲集を藤永和望さん、深津素子さん、木下泰子さん、薮内俊弥さんと僕で歌いました。僕はリクエストコーナーでカンツオーネ・ナポレターナを2曲と、ドン・カルロの中の二重唱《我らの胸に友情を》を歌いました。
後半は桐生市施行100周年記念ステージとして、市歌や桐生市在住の詩人、星野富弘氏の詩による合唱曲などを。そして合唱団の愛唱歌集ステージなど盛りだくさんの内容でした。

本来コンサートを予定していた2月に合唱指導に僕達が加わり、その時はホールスタッフ立ち合いの元、マスク着用、充分に距離を取った位置での練習など神経を使うことは多かったですが、そういった事を乗り越えただけの一体感が本番当日にはあったと思います。ソリストは全員旧知の中でしたので、仲が良すぎて全員の写真を撮っていない。。。。といっても舞台袖で会う以外は楽屋にいたからしょうがないです。

多くの人が感じているであろう昨今の不自由。それは決して乗り越えられないものではなく、それは考えていた姿ではなかったかもしれないけれど、今、立っている世界はそこから解放された、新しい世界なんだと思う。それを感じる事ができるのであれば。
新しい世界に自分自身を導くためには、僕が進む事、そして誰かが歩んでいる事を感じる事ではないか。音楽をするということは、僕にとってそのための行為なんだと感じる1日となりました。

「手渡し」ではなかったけど、いただいた大きな花束。