Carmina Burana終演

NHK交響楽団とのカルミナ・ブラーナを終えました。

9/17の東京都交響楽団に続いての同演目ではありますが、オーケストラも違うし、もちろん指揮者もソリストも、合唱団のメンバーも違い、全く新しく演奏を作り上げるのがとても興味深く、何よりも楽しい時間でした。

NHK音楽祭のプログラムの1つでもあり、ラジオでの中継は多くの方にお楽しみいただいたかと思います。いつかTVでも放送があるかもしれませんので分かりましたらブログにも書きたいと思います。

リハーサルの風景を今回のソリストがinstagramにあげていました。彼女のソロ部分です。素晴らしい歌声をどうぞ。→https://www.instagram.com/p/BoYc_XdnxU7/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1izj04x16dkfw

カルミナ・ブラーナは2010年の東京・春・音楽祭のプログラムで初めて歌って以来、これで4回目。いつも素晴らしい記憶を重ねることができています。

こういった縁というのは曲が持つ魅力の1つでもあるのでしょうか。

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ

NHK交響楽団

ソプラノ:オルガ・ペレチャッコ

カウンターテナー:マックス・エマヌエル・ツェンチッチ

バリトン:ベンジャミン・アップル

NHK東京児童合唱団

新国立劇場合唱団

ドビュッシー/牧神の午後への前奏曲

オルフ/踊る牧神(日本初演)

オルフ/カルミナ・ブラーナ

Paavo Järvi,Conducter

NHK Symphony orchestra

Olga Peretyatko,Soprano

Max Emanuel Cenčić

Benjamin Appl,Baritone

NHK Tokyo children chorus

New national theater Tokyo

Debussy/Prélude a l’après-midi d’un fauune

Orf/Tanzende fauune

Orf/Carmina Burana

1/Oct/2018

eiichiro
テノール歌手の宮本英一郎です。 演奏活動を通して、たくさんのことを皆様と共感出来たらと思っております。 演奏会のご依頼等ありましたらコメントからご連絡くださいませ。メール環境が整いましたら移行いたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください