Macbethを観ましたという話

随分久しぶりに映画館に行きました。

マクベス。デンゼル・ワシントンにフランシス・マクドーマンドという顔合わせ、監督がジョエル・コーエンというのに俄然惹かれたわけですが、昨年、ムーティと一緒に勉強した(←大袈裟)ヴェルディの作曲したオペラの“超“有名なシェークスピアの戯曲ということは僕にとっては大きな理由です。

全編美しいグラデーションの白黒で撮られていて、この映画の場合グレースケールというんでしょうか(ちゃんと調べてないですけど)、今の時代にこの手法を取っているというのはただのノスタルジーではない、技法としてより手の混んでいるものを詰め込んでいることでしょう。画面のアスペクト比も、BBCが残したシェークスピア全集をモチーフにしているのでしょうか。美しさというのには作り手の果てしない吟味が伴っているのは確実にあるでしょう。

映画を観終わって、戯曲を読み終わった時も思いましたが、ヴェルディは随分大変な思いをしてオペラにしたなぁ、と感じます。戯曲から映画でする時もそうでしょうが、何を残してどう描くか、オペラとして上演する効果的な方法を取っていくのでしょう。それに見合ったものが作品化されて、上演されて、なおかつ残っていくのだろうと思います。同じくシェークスピアのリア王もヴェルディは作曲したいと考えていたそうですが、完成していたらどんなものになっていたのでしょうか。

そう、イタリアはミラノ・スカラ座の今シーズンのオープニングはヴェルディのマクベスが上演されました。指揮はリッカルド・シャイー、演出はダヴィド・リヴァモア、マクベスにルーカ・サルシ、マクベス夫人にアンナ・ネトレプコなどスカラ座でヴェルディを、マクベスを上演することには隙のない面々。演出は見た目ほど尖っていないのもあって後々映像で観ても面白いと思います。日本ではダイレクトで観られませんでしたが(観られました?)今はYouTubeで探すと観られると思います。僕は日本時間の夜中にradioRaiで聴きましたが、ラジオはいいですね。再認識。

映画の話に戻りますが、映画は映画館がある意味そのなんと言いますか、ライブといいますかチケットを買って、それは別にネットでもいいんですが、扉が開かれた、椅子の並ぶ、スクリーンのある劇場で観るというのはそれが同じものを同じ劇場で観たからといって同じ体験ではないと思います。映画の中でどこかに引き戻される感覚というのはライブにつきもののものでちょっと違う話になりますけど、特別なものであると思っています。それにお金を払うというか。今はコロナ禍という事もあって緊張感を持って観ることになりますが、劇場芸術にそういった緊張を少しでも和らぐ日がやって来る事をひたすらに願っています。

と言っておいて、この新しいマクベスは映画を観てから知ったのですが、、、、Apple TVで配信されているのでいつでも観られる!なんと!あぁ、僕が先に言った事はどうなるんでしょう、それは観てのお楽しみ。そういう意味でも一捻りあって作ってあるでしょうか。

2022.01.11

今日はなんでも縁起の良い日だそうで、一粒万倍日という、まぁ季節と日に振り分けられている干支とかで1年に60日あるその日と、天赦日という、季節の中で1日あるその日とが重なる日だそうです。

なんだかブログを書く気になれず、しばらく置いていてしまいました。
縁起がいいなら乗っかるのも悪くはなかろう、気持ちを新たに書初めといたします。

昨年の秋頃から世界的に良くなってきたのか、と思いましたが、中々そういうわけにもいかず、頓珍漢なえらい人たちによって世界の中でも日本はどうなっていくのか、音楽の世界に希望をもちながらも、あちらの方が(全く他人事ではないのですけど)心配になります。

1年の欠き損ねた「予定」を更新しつつ、また来るであろう日のお知らせもしたいです。

マエストロ・ムーティはやって来た

4月にマエストロ・ムーティはやって来た。
8月のいまから考えると体感としてはとても時間が経った様に感じるが、演奏から僅かばかり間を置いて、先の東京・春・音楽祭でのコンサートが有料公開になっているのでお知らせです。
↓配信サイトはこちらから
イタリア・オペラ・アカデミー in Tokyo
リッカルド・ムーティ指揮《マクベス》

2006年から東京・春・音楽祭で度々指揮を振っているイタリア人指揮者、リッカルド・ムーティは近年非常に力を注いでいるのが若い音楽家に向けた教育だ。
元は0rchestra giovanile Luigi Cherubiniが始まりだったが、イタリア・オペラとはどうあるべきなのか、マエストロの哲学が詰め込まれたプログラムをラヴェンナを始め世界各地で行っている。東京では2019年《リゴレット》から始まり、昨年はCOVID-19の影響で中止になったが本年《マクベス》が行われた。


今年だってまだコロナ禍の最中であるのだ。昨年末から行われていた外国人の入国規制が音楽祭の多くのプログラムの開催の障壁となった。イタリア・オペラ・アカデミーもマエストロ始め受講生である若い指揮者たち、イタリア人歌手たちの来日が叶うかどうか直前まで難しかったようだ。同じ時期に演奏家でも来日できた人、そうでない人と分かれた事もあり今回の入国にはいくつか意見があったが、そのドキュメントは春祭自身が語っているのでどうか読んでいただきたい。
https://www.tokyo-harusai.com/harusai_journal/2021_diary19/

イタリア・オペラ・アカデミーの指揮者達、オーケストラ、ソリスト、合唱、スタッフがマエストロ・ムーティと2週間、ヴェルディが作曲したマクベスをどう作ったのか、緊急事態宣言下でもあったし、使用客席の上限もあったので今回の配信はより多くの人に“何をやったのか“観てもらえるだろう。

なお、今年行わなれた東京・春・音楽祭のプログラムは以下のサイトから全てではないものの観る事ができる。来年の春こそは多くの人と音楽を分かち合えることを願って。
https://www.youtube.com/watch?v=QhOPIFlqijU

セントレオナール

たくましく純潔な青年セントレオナールは、森の中で恐ろしい大蛇と戦いの末、傷つき、倒れた。森の精たちは悲しみ、彼の流した血が染み込んだ大地にスズランを咲かせた。

私の机の上には、清らかに咲くスズランが挿してある。

大切な友人の夫君が亡くなった。素晴らしい音楽家、テノール歌手として多くの舞台に立ち、仲間にも聴衆にも愛された人。covid-19の収束を願い、その次の世界のために向かう生活を送っていた。心臓発作だった。志半ばであった彼の思いと、残された家族を思うと、悲しみは言葉にならない。

スズランは谷に咲く。セントレオナールの血が流れ込んだからだ。
悲しみの底には美しさが、清らかさが集まる。人の思いがその場所に救いを求めるからなのか。

音楽と共に生き、多くの人に愛された二塚直紀さんのために祈りを捧げる。

部屋からの眺め、旅

日本の人たちの多くは、特に最初に部屋に閉じこもらざるを得なかった芸術分野で生きる人は、同じ様に、歌い、演じ、楽器を奏でていたと思ってたヨーロッパやアメリカの人たちの今を見て、「あぁ、私達のやっていた音楽は、どうやら彼らとは違うのかもしれない」という事実を目の当たりにしている。

世界各国の芸術分野で働く人々への給付、補償についてこちらに大まかにまとめてあった。芸術、というと政治家の人々にとっては現実離れしているのだろうか。日本の”何も具体的な事が決まってない”という事ほど現実離れしている、ということはないだろうか。

フランスで歌を勉強している人と情報交換していたら、他業種においても休業のための補償はしっかりしていて、今はウィルスの収束を部屋で待つことができる。私は、音楽の仕事はもう既に4月は全てキャンセルだし、5月は連絡が来ないだけで、きっとないだろう。(あってもどうだろう)その証拠にまだ楽譜は手元にないし、滅多に部屋を出ることはない。そんな中、フランスの話を聞いていたらだいぶ羨ましくなってきて、PCの画面の中で一度訪れことのあるパリを旅することにした。


2003年の2月の末、それまで3週間イタリアを回った後、ローマから夜行電車に乗りパリに着いた。東の端のベルシー駅に朝方に着いて、日本から持ってきていた”地球の歩き方”で目星をつけた安宿を当たった。

直接宿へ出向き、歩く間に覚えた本の巻末にあるフランス語で今日の部屋があるか尋ねる。運良く二軒目で宿が見つかり、帰国まで同じベッドにいられるのも良かった。
記憶にある中では、すごく安くて、大きくはないがベッドはあるし、ちゃんとシャワーはお湯は出て、寒さはしのげる宿だった。Google earthで辿って見ようとカーソルを動かしていくが、私がかつていた場所ははっきりしない。動いていく景色(写真)はごく最近のものだし、訪れた季節とは違っている。パンテオンの裏にある何度か通った「白い貴婦人」という名のレコード屋からいくつか角を曲がり、一階の賑わう料理屋を横目に少々不安な古い鍵を差し込んで階段を上り、一日を終えたのだ。

次の日から、緩やかな坂を下って大きな通りまで出て、朝には既に行列ができるパン屋で1日の大方の食事をそこで買って、美術館など回らない時はセーヌ川に向けて足をたらしていた。今と同じく、過ごしていく全ての時間が無限だった。

旅をしている時は時間の一粒が大きくて、いろいろなものと出会っても、たくさんの場所へ訪れても、その中に自由に詰め込めることができる。今、私達の隣には死が座っているかもしれないが、この何もない時間を生きるには、あの頃の時間の粒の大きさが思い出される。今は世界を部屋に詰め込んで、窓から見える空を日替わりにどこかの土地につなげて、傍らにある本の言葉を街の賑わいに変えて、静かで、大きな時間に変えていってはどうだろうか。

旅だなんて、私は夢を見ていて、現実を見ていないのだろうか。
ヨーロッパ、アメリカが、その国民に対して連帯を示しているのに、感染症対策の専門家、医療関係者の努力で回避されているだけの日本の人の危機に政治家だけが私達に”協力”を求めて”頑張りましょう”という方が夢の世界なのではないか。連帯を示すというのは、生きていく事にどれだけ相手が力を注いでくれるかを尊重する事に尽きるだろう。

旅に出よう。どうしようもなく狭苦しい世界から、想像力を供にして。
本当に外へ出ていって、街を闊歩するというのは言うまでもなく想像力の欠如である。