「静寂の中に」を終えて

シャンソン歌手の渡辺歌子さんが出演、制作されたコンサート「静寂の中に」に出演した(11/27)。ソロではルイジ・テンコの”Vedrai,vedrai”ウェストサイド物語から”マリア”、同じく出演歌手の竹下ユキさん、三戸亜耶さん、松村大治さん、ピエールさんと”谷間に三つの鐘がなる” “You raise me up” “Con te partiró”と、歌子さんの”鶴”の後ろでコーラスを歌った。

歌子さんとの出会いは、僕が2012〜15年の間ひょんなことからお世話になっていたシャンソニエ蛙たちでお会いしてからで、お店を辞めてからもご連絡をくださり、歌う事やワークショップなどの機会をくださった。たくさんの歌手、お客様とのお付き合いがあったが、僕にお店という背景がなくなってからもこうしてお付き合いがあるのはとてもうれしい。そして4人の仲間とまた歌う機会を与えてくださり大変な感謝である。

左からピエール、ユキさん、大治君、歌子さん、僕、三戸さん。後ろにギターの並木さん
音楽は静寂の中から、また静寂へと帰る美しい演出。

武満徹が戦争中に上官の目(耳か?)を盗んで聴いていたのはLucienne Boyerリュシエンヌ・ボワイエのParlez-moi d’amour(邦題:聴かせてよ愛の言葉を)だったというが、苦しい時代においても人々の耳の奥にあったフランスの歌の数々は、翻訳や訳詞の文化と結びつき日本の軽音楽を刺激しながら独自の”シャンソン”というジャンルを作っていった。

僕がその世界の薫りを記憶の隅に留めながら、今また新しいシャンソンを歌ったらする事があるだろうか(今回歌ったのは歌子さんからのリクエストと僕の歌える曲だったから出演できたのだけど。。。)クラシックでは滅多に味わえない、ステージの煙に光が屈折する様は自分が鏡の向こう側の違う世界へ向かう感じがした。

さぁ、12月。

新しい月の始まりは良い年を迎える準備をしたい。

2つのモーツァルト

ヘルベルト・ブロムシュテット指揮によるモーツァルトが作曲したミサ曲ハ短調(K.427)をNHK交響楽団の演奏と共に終えた。(11月22,23日)マエストロが92歳、というのはこの演奏会には何の飾りにもならないが、自身の演奏活動と共にN響との40年近くにもなる長く、強い信頼関係は音楽の姿としてあった。

僕は2016年の同楽団によるベートーベンの”第九”で合唱として初めマエストロ・ブロムシュテットと演奏した。合唱の音楽稽古から、音楽に身を捧げる姿を目の前にし、作曲家、楽曲を間において僕達と絶えない会話をする様は今回も何も変わることはなかった。

10月10日に演奏した、トン・コープマン指揮による、同じくN響とのモーツァルトのレクイエムの経験がどこか繋がりを持つ。2つとも作曲家が完成し得なかった、神に捧げる曲としての音楽。

普段、いわゆる音楽におけるロマン派以降の楽曲を歌うことが多い者にとってはやや特殊なアーティキレーション(これは何と訳せば良いのか)をマエストロ・コープマンとの音楽で表現した。長い旋律線にかかる、強調された強弱、弦楽器が短く弓を当てるような息の使い方、ヴィブラートを抑えてハーモニーをより強く意識する事で得られる内省。個々人の技術によって、それらは音にする事が出来るが、指揮者からは表現にあたり「あなた方の心に触れてください」と言われた。その言葉は、頬に柔らかく風が触れる様に感じた。演奏する事は僕の生活の主たる事であるけれど、もっと根源たる、当前の様で、気づくとなんとも言えない幸せな思いがした。

今回のマエストロ・ブロムシュテット からは、歌手もオーケストラもテキストに集中するように促された。同じフレーズを繰り返しリハーサルし、時にはオーケストラだけ、時には合唱だけ(アカペラで)演奏し、お互いのひとつの音楽に向けた着地を探しながら、まるで学生の頃の音楽の共有に近い感覚を持った。その手法ではなく、僕の中に起こった感覚でしかいのだけれど。2月にリッカルド・ムーティ 指揮のシカゴ響とのヴェルディのレクイエムでも同じ感覚があった。もちろん聴衆と我々の間に音楽はあるのだけれど、ごく私的な空間に没入すると言うのだろうか、未だにうまく表現できずにいる。

モーツァルトのレクイエムは12月に、ミサ曲ハ短調は2月にTV放映があるそうなので、またこちらでお知らせできたらと思う。

9月の報告

欧米の音楽界(に限らないかな?)の幕開けは9月ないし、10月だという。2019-2020シーズンも良い音楽と出会えるよう、声と心を磨いておきたい。
ブログを更新しない間(なんと長い間!)2つのソロ、1つの合唱のコンサートに出演しました。

音楽の花束コンサート 9月8日(日)14時開演 サクラビア成城、3Fサクラビアホール
サクラビア成城にお住まいの方々向けのコンサートで2曲歌いました。
・ディ・クルティス“帰れソレントへ”
・レハール作曲《微笑みの国》より“我が心のすべて”

サラダ音楽祭20199月16日(月)14時開演 東京芸術劇場コンサートホール
ベルリオーズ:劇的交響曲《ロメオとジュリエット》op.17(日本語字幕付き)
新国立合唱団の一員として出演しました。

CMDJ 2019年オペラコンサート~愛のときめきと悶え~9月20日(金)18時半開演
すみだトリフォニーホール 小ホール
・ビゼー作曲《カルメン》より“話しておくれ、僕の母の事を”(ミカエラ:徳山奈奈)
・同、《お前が投げたこの花は》
・グノー作曲《ファウスト》より“この清らかな住まい”

お知らせができずに失礼しました。
コンサートで歌った曲や様子は、何かに絡めて書いていけたらと思っています。

OMF《オネーギン》終演

OMF(セイジ・オザワ・松本フェスティバル)のオペラ公演、《エフゲニー・オネーギン》は8/24(土)に全3回を終えた。レヴァントのオネーギンは2公演目に実現したが、少し無理をしたのか、3公演目は再び大西君の出番となった。

全公演が終わった後、レヴァントに、また必ず君と仕事ができると思ってます、というつもりで言った僕のイタリア語だったが、通じたかどうかは別にして、彼の歌はまた聴きたいと思ったし、音楽に、舞台にまっすぐ生きている姿は素晴らしい、と思った。

マエストロとサイトウキネンオーケストラ(SKO)は、前日の夜のシュミット、マーラーの長大なプログラムを抱え、かつ超過密日程でのオペラ上演であったが、指揮者とオーケストラという関係の限られた時間を”音楽をする事”で精一杯満たしているようだった。音楽家の純粋な起点を皆が共有しているプロフェッショナルとは、美しいというしか僕には言葉がない。

28日という滞在で。松本という街で、東京オペラシンガーズの仲間と共に、このオペラの上演に携われた事を幸せに感じている。オペラそのものがドラマであるが、舞台に携わる僕たちの日常が上演に向かうドラマにもなっていることが「舞台」の最大の魅力かとも思う。劇場やOMFスタッフは元より、市民ボランティアの方々に感謝である。

まつもと市民芸術館で《オネーギン》が上演され、聴衆も演奏者もその世界を存分に味わったことを深く深く心に留めて、これからまたやって来る仕事に染み渡っていったらと思う。

オネーギン初日、二日目へ

20日の初日は、前日の発表の通りオネーギン役のレヴァント・バキルチLevent Bakirciから、同役のカヴァーを務めていた大西宇宙(おおにしたかおき)が歌い、演じた。彼は、公開GPでも本役の体調不良により舞台に立っているし、シカゴでの同じプロダクションでも本公演の三幕途中から歌っているので、危なげなく、と言っては失礼だろうか、存分に彼の魅力を聴衆は堪能したのではないか。合唱団は誰が舞台に立っていようと舞台では同じように振る舞うのが務めだけれど、僕としては、大西君の歌うオネーギンが、いや今回ばかりは彼がこれからどうなっていくのか希望めいた視線がまつげの端からあっても許してはくれまいか。

三幕二場でタチアーナとオネーギンの重唱になると、楽屋にはカーテンコールのためのアナウンスがかかる。出演者は全員方々の袖に控えていて幕切れを待っている。
タチアーナ役のアンナ・ネチャーエヴァ Anna Nechaevaが、オネーギンに永遠の別れを告げ舞台袖へと引き上げる。いつものリハーサルであれば、チェックに入ったり、カーテンコール位置に向かうが、初日、彼女は立ち止まった。舞台袖の踊り場で、胸に手を当てて立ち止まり、オネーギンの独白を、胸の内の叫びを、まるで現実の、扉の向こうで自らの言葉の責苦と共にあるように、タチアーナは感じていた。O,жалкий жребий мои!(おお、私の哀れな運命よ!)というオネーギンの言葉に胸を締めつけられている。何ということだろうか。音楽のすべてが鳴り終わるまで、タチアーナがそこにいたのだ。終演へと向かう安堵の気持ちなど起こるはずもなく、彼女の姿に息をのんだ。
何度もリハーサルをし、同じように終幕を迎え、そして本番を迎えたのだが、初めてこのオペラを観た時へ、僕の心は新鮮さを持って立ち戻った。

どれだけその新鮮さを持って舞台ができるのか、心を新たにまた二日目を迎えようと思う。

8月ジャーナリズムと呼ばれても

松本での稽古を一旦抜け、東京からの同僚、ソリスト、バルセロナ交響楽団と合流して8/1に広島でベートーベンの交響曲《第九》を演奏した。7月にも同じ演目で演奏したが、2回目ということもあって、とは説明できないほど全く別の、違う世界への扉を皆で開いたような感覚のする演奏になった。あの時よりも良いとか悪いとか、演奏はそうであるものではないのだからもっとうまく説明したいのだけど。

この日は夕方からのリハーサルだったので、それまでの時間に広島平和記念資料館へ行く。改修工事と展示整備で2年間ぶりに開館された本館を含めゆっくりと時間をかけて回ることができた。すぐそばにある広場では、8月6日の、原爆が広島に落とされた日にある平和記念式典の準備が着々と進められており、白いテントが緑の芝生に作るくっきりとした陰を作っていた。

広島の宿泊先の部屋のドアーに掛けてくれた新聞は中国新聞だった。恥ずかしい話、すっかり新聞を読む習慣を無くしているが、こういう時は読んでおいても良いだろうと起きたままの布団の上で紙面を開いた。8月になったばかりの日だ。

その中の記事をひとつとっておいたので載せておく。ひろしま美術館での《かこさとし展》についても興味深く読んだが、冒頭部分が最後まで尾を引いた

“そんな夏だからこそ、戦争回避へ何をすべきか、しっかり考えたい。8月ジャーナリズムと揶揄されようとも。”

戦争の足音がする、と言われて何年経つだろう。それは戦争を経験した世代が、当時体験した世相の変化というものを今の時代に感じていたからだろう。かの惨劇への第一歩はあの時である、とは誰も言えない。物事は常に連続していて、映画のフィルムのコマが落ちては成り立たない、と例えて良いのだろうか。その連続したコマに、私がいた、のを後になって私が見つけた時になんと思うのだろう。そう考えるとただ恐ろしくて震える。

しっかりと立っていようと思う。

手を繋ぐことができるほどの場所にいる人に優しさと愛の言葉を持って。

セイジ・オザワ・松本フェスティバル2019

7月の終わりより長野県松本市に滞在し、セイジ・オザワ・松本フェスティバル(以下OMF)のプログラムの一つ、チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》に取り組んでいる。途中、広島での演奏のため松本を一旦離れたが、ほぼ2週間の滞在が過ぎ、オペラの開幕へと稽古は進んでいる。
サイトウキネンフェスティバル松本からOMFへと音楽祭は新しく生まれ変わり今年で5回目を迎える。オペラは第1回のベルリオーズ《ベアトリスとベネディクト》以来で、会場であるまつもと市民芸術館に通い、舞台裏が、楽屋が本番に向けて慌ただしくなっていく様を見ると気持ちが高ぶる。舞台ではいつもこころがける事ではあるが、怪我なく、事故なく、健康に舞台を努めたい。
前身の音楽祭を含めて、初めて松本でオペラの仕事をしたのは、同じくチャイコフスキーのオペラ《スペードの女王》で、なんと2007年。もう12年前なのか!と驚いてしまうが、同じくロシア語に四苦八苦しながら稽古をしたこともあり、街を歩く度に思い出すことは多い。稽古や本番を通して感じた“美しさ”というのは街の景色と深く結び付くのだろう。

ホテルの窓から見える朝の街の色が日を追って少しずつ変化する。あぁ、ずいぶん長くいるのだな、と思うし、この街にいられるのもあと少しなのか、と寂しい気分にもなるが、良い舞台を観来た人の心に残せるように、しっかりと自分の心に残るように舞台を過ごせたら良い。

街を歩く

人形町界隈を歩いた。

年の初めまで近所にあったパン屋BoulangerieDjangoがこちらの方に引越されたので、久しぶりに食べたくなって(というよりは我慢ならなくなって)足を伸ばしてみた。

とても美味しいパン屋さんなので、地元からなくなってしまった時、僕は随分悲しんだが、新しいお店の明るい雰囲気と、お客さんのパンを見つめる幸せそうな姿を見て胸のすくような思いがした。

大袈裟かな?でもパンは大切なんだよ。

暗くなり始める街を歩く。辺りの小さな間口の料理屋の灯りが残されて、車が走る音も遠くなり、五感のトーンが平坦になっていく。

幅の狭い路の向こう側に、軒先で屈む老夫婦の間から小さく火が立ち上がった。火の先に登る煙が見え香りもやってきた。今日は送り盆だ。

煙は尾を弛ませるように登っていく。僕は煙を遠く感じて、去りながらも見送る。

また違う景色をゆっくり写真を撮って歩きたい。

感謝の日、ムジカノヴァンタノーヴェ終演

6/30、ムジカノヴァンタノーヴェ演奏会を無事に終演した。お足元の悪い中、いらしてくださったお客様、ハクジュホールのスタッフ、コンサートを全面的にサポートしてくださったビーフラット・ミュージックプロデュース様に感謝申し上げます。

自分の演奏をどうこういうよりも先に(他の出演者はもちろんとてもすばらしかった!!)どうしても感謝を伝えなければいけない人がいる。

僕の父が、地元駅で家族とはぐれてしまい、そのまま電車には乗ったのだが、ホールまでの道がわからず、電車の中で知り合った人にホール受付まで送ってもらったというのだ。

父は数年前から高次脳機能障害になり、不慣れな場所に行くのにはかなりストレスがかかる。幸い、コンサートの会場名、開演時間、僕の名前など、必要な情報を手帳に自分で書いていたので、案内してくださった方がそれを頼りに案内してくださったそうだ。開演時間にも間に合い、先に到着していた家族とも休憩時間に会うことができた。(家族は、散々探したが見つからないのでホールに行ってると信じて出発したらしい)

色々な偶然が重なり奇跡のような出来事だが、父を導いてくださった方がいたからこその1日である。

僕たち家族の恩人に電話で連絡がとれ、感謝の言葉以外には何も出てこなかった。お礼を固辞され、その意思を尊重する方が大事と思った。お名前はもちろんここでは出さないが、こんな素晴らしい人のおかげで、僕達は幸せな1日を送ることができた。本当にありがとうございます。

歌う楽しみ

演奏会のためのレッスンを受けていて、久々に心に響いた言葉を先生から受けた。もちろんレッスン毎に良い歌になるための全てをもらっているのはもちろんの事ではあるのだけれど。

「歌にしていくには、君自身が言葉にならなくてはいけないんだよ。」

これはたくさんの曲を歌っても1曲を歌うにしても同じく言える事で、僕が歌う意味というのを改めて考える一言だと感じた。声の事を考えたり、音程を取ろうとしたりせず、詩に向き合った作曲家が何を見たのか、その血の内を感じる事が歌う人の事なのであろうか。

外国語の歌の問題はネイティブに扱う人以外にはやはり言葉だろう。ひとつと単語を取り出してみても、辞書にある1,2,3と辿っていけば意味合いが変わってくる。誰かの読んだ対訳では1の最初の言葉だけど、僕には2番目の言葉がしっくりくる。意味は同じだけど。温度がね、手触りがね、こっちかな。とぶつぶつ言いながら辞書を次にめくる。曲に触れた時とはまた違った言葉が見当たるかもしれない。元の言葉は変わってないのに、レンズを変えて撮影するカメラの様に(ズームでもいいけど)自分の想像力の光をどうカメラに通していくのか、というのは面白い作業だと改めて感じる。

辞書もいらない流暢な言葉の使い手になるとこういう面白さはなくなっていくのだろうか。

学生時分に、何もない、ただ美しい詩に「これはどういう意味が、解釈があるのでしょうか」と語学の先生に尋ねたら、「言葉の通り読んでください。」と言われた事を思い出す。

歌うことは楽しい、といつも思う。