年の瀬、第九を終えて

12/22から続いたNHK交響楽団とのベートーヴェン《第9》の演奏会を27日に終えました。(25日休演)

マエストロ、マレク・ヤノフスキ氏の厳しい音楽稽古を乗り越え演奏で見えた景色は素晴らしく、感慨深く演奏を終えました。東京オペラシンガーズがN響と第9を演奏するようになり3年目、僕は初めてサントリーホールでの最終日を迎えました。

オーケストラの音が草原が風になびいて光を変えていくように美しく、ひとつひとつの輝きを持ったアンサンブルや舞台が浮き上がってしまうのではと思うほどの音のうずきを同じ舞台上から感じました。

31日のテレビ放送でその一端でも共有いただけたら嬉しいです。

N響「第9」演奏会

今回のソリストをとても楽しみにしていて、ソプラノの藤谷佳奈枝さんは同郷(香川県)で、同じ大学出身でもあるので、とても誇らしく思います。ロバート・ディーン・スミスさんが率いて歌うマーチの部分もかなりユニークな演奏となっているのでお楽しみ。アルトの加納悦子さん、バスのアルベルト・ドーメンさん共に素晴らしく、存在感のある歌唱でした。

最後に、素晴らしい音楽を信頼する合唱団の仲間たちと共に出来た事が何よりも嬉しい事でした。

明日は2018年の最後の日。

2年ぶりに東急ジルベスターコンサートに合唱で出演します。音楽に囲まれて新年を迎えられるとは、なんと幸せなことかと思います。Eテレの続きでお楽しみください!

良い大晦日を。そして素敵な新年をお迎えください♪♪

eiichiro
テノール歌手の宮本英一郎です。 演奏活動を通して、たくさんのことを皆様と共感出来たらと思っております。 演奏会のご依頼等ありましたらコメントからご連絡くださいませ。メール環境が整いましたら移行いたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください