こだいらチャリティーコンサート終演

3月10日、第9回東日本大震災復興支援こだいらチャリティーコンサートに出演しました。昨年に続き、主催の小平市在住の声楽家、下村雅人さんに声をかけていただき、同じく集まった多くの音楽家と、合唱団の皆様と一緒に舞台に立ちました。

昨年の様子はこちらから。

昨年同様、たくさんのお客様に足を運んでいただき、お志とあたたかい拍手と笑顔をいただきました。プログラムの最後に出演者全員で《群青》を歌いました。この曲は、南相馬市立小高中学校の2012年度卒業生と同中学校音楽教諭である小田美樹さんが作った曲です。シンプルな旋律ながら、信長貴富さんの編曲も相まって、歌っている側も胸を熱くさせる曲です。

チャリティーや支援に関してはいろいろな考え方がありますが、僕は下村さんからコンサートや支援の内容を聞いて、自分も力になれたらと感じました。毎年、募金額が増え、回を重ねるごとに”客席と出演者で一緒になって雰囲気を作っている”のだそうです。

皆様からいただいたお志は、支援が必要な方々に近くにある所へ全額が送られます。そういった場所を選んだ、り、出演者一人一人に声をかけてくださったり、ご夫婦の細やかなお心遣いに今年も感服しました。

出演者全員?と
しもさんこと下村雅人さん。大先輩の背中は大きい!

あれから8年。その間にも熊本、広島や大阪、北海道など多くの場所で災害が起き、被災された地域、そこに住む人たちに関する報道を見聞きします。

知らせの前で立ち尽くす事が多いですが、生きていく強さ、そして支える人達の優しさと温もりのひと押しになれたらと思います。

東日本大震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々が心穏やかに過ごす日が1日でも多くありますように願っております。

eiichiro
テノール歌手の宮本英一郎です。 演奏活動を通して、たくさんのことを皆様と共感出来たらと思っております。 演奏会のご依頼等ありましたらコメントからご連絡くださいませ。メール環境が整いましたら移行いたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください